• 安心できる動物病院
  • 地域の総合医療施設
  • 365日24時間手厚い診療体制
  • 画像診断センター
  • 初めて動物を飼った方へ
  • 老犬・老猫を飼っている方へ
  • 年中無休
  • ペットホテル
  • トリミング
  • ペット用品販売
  • しつけ教室

診療時間

曜 日時 間
月~金9:30~11:30 15:00~19:00
土・日・祝9:00~11:30 14:00~17:30
年末年始 12月31日~1月3日 9:00~13:00
獣医師勤務表を見る

動物病院

  • ・犬
  • ・猫
  • ・小動物ウサギ・ハムスター・フェレット・鳥などは
    電話予約可能です

夜間診療について

当院で受診されている方で、急患のみ対応致します。 診察時間終了後にお電話していただきますと留守番電話に切り替わります。留守番電話のメッセージに診察券番号・お名前・ご連絡先をお話ししていただき、電話を切ってお待ち下さい。
宿直担当者がカルテを確認し、折り返し連絡させていただき、状態を確認させていただきます。

5つのポイント

ポイント1

1.年中無休で夜間救急にも対応

365日年中無休で診察し、夜間の救急にも対応しています。
(夜間の診察は、当院で受診されている方で、急患のみ対応致します)

ポイント2

2.チーム連携によるサポート

経験豊富な獣医師・看護師・トリマー・事務・受付の各部門のエキスパートがチームとして連携して、豊かで楽しいペットライフをサポートします。

ポイント3

3.高度医療設備

MRI・CT・腹腔鏡・といった最新医療機器を完備し、高度な獣医療を実現します。※セカンドオピニオンも受け付けています。また各専門機関の先生からアドバイスもいただけます。

ポイント4

4.親切な対応

飼い主様と動物が通いやすい動物病院を目指し、全てのスタッフが明るい笑顔で親切な対応を心がけています。また費用面に関しても、適正価格で診療させていただきます。

ポイント5

5.信頼される動物病院

おかげ様で20年。地域のかかりつけ動物病院として、多くのわんちゃん・ねこちゃんの診察をさせていただけました。これからも未来の獣医療をみつめながら、信頼していただける動物病院を目指していきます。

トピックス

  • 2017/09/22

    脛骨異型性症

     

    ・脛骨異型性症とは

    脛骨異形成症は、脛骨遠位が内反する疾患です。この疾病は、脛骨遠位内側成長板の機能障害が原因とされており、跛行や外観上の問題が重度である場合は外科的治療が必要になります。本疾病は日本で飼育頭数の多いミニチュアダックスフンドにおいて好発するため大きな問題になっています。

     

    ・診断

    跛行を示す疾患の除外と、左脛骨のX線検査を実施し、脛骨の内反を確認することです。このX線検査から、矯正手術を行う角度を求めます。

     

    ・治療方法

    脛骨異形成症の外科的治療方法は、骨切り後に骨の内反を矯正し、最後に固定する方法が一般的です。固定方法には創外固定やプレートを用いた内固定などが報告されています。当院ではプレートを用いて固定を行っています。

     

    ・症例

    犬種:ミニチュアダックスフンド

    年齢:9ヵ月齢

    雌雄:未去勢雄

    主訴:後肢の歩様状態の異常を主訴に当施設に来院した。歩様状態の変化は徐々に進行性であり、最近になり顕著に認められるようになった。患者は落下や事故などの外傷歴はなく、過去に跛行を呈したことはない。

     

    ・検査

    視診:歩行は可能であるが時折うさぎ跳び様の歩様を示し、走行時により顕著に認められた。

    四肢の触診:特記事項なし

    レントゲン検査:左脛骨遠位部に内反が認められた。内反する角度は、左脛骨において31.9度、右脛骨において7.6度であり、左脛骨が右脛骨に比べて24.3度大きく内反していることが確認された

    手術直後

    治療および経過

    今回の症例ではプレートを用いた開放性楔形骨切り術を実施した。手術後のX線検査では,左脛骨の内反角度は9.84度に矯正されていた。患者の歩様は改善し、現在経過良好である。

    OPE直後

    ope直後

    抜インプラント後

    手術完成

     

  • 2017/09/17

    フードがリニューアルしました

    わんちゃん
    i/d:従来のi/dよりも小粒、嗜好性up
    i/dコンフォート:ストレス性消化器疾患に対応、低脂肪

    ねこちゃん
    i/d:形状の変更(従来のi/dに比べ粒が薄くなりました)、嗜好性up

    パッケージも新しくなっています。

  • 2017/08/30

    LINE始めました

    当院では、動物の健康に関する情報などを、LINEで発信していきます。

    是非、ご登録お願い致します。

     

    <こんな情報が届きます>

    ①病院からのお知らせ

    ②動物の健康に関する情報

    ③フードや新商品の情報

     

    LINE

  • 2017/08/26

    犬側玄関工事終了のお知らせ

    犬側玄関の拡張工事が、26日をもちまして無事終了致しました。

    皆様には、騒音等のご迷惑をお掛けしました。

    ご協力有難うございました。

  • 2017/08/20

    犬側玄関の工事のお知らせ

    8月21~26日にかけて待合室拡張工事を行います。

    そのため、犬側玄関左側の扉(自販機横)からの出入りとなります。

    案内板を設置致しますので、そちらをご覧ください。

    ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

  • 2017/07/29

    副院長 小野隆久獣医師 休診のお知らせ

    7月29日(土) 午前、午後とも、終日休診となりましたので、ご了承願います。

    勤務カレンダーはシステム上、現在、変更不可能な為、出勤になっておりますことお詫び申し上げます。

     

     

     

  • 2017/02/19

    副院長 平島納子獣医師 休診のお知らせ

    2月20日(月) 午前、午後とも、終日休診となりましたので、ご了承願います。

    勤務カレンダーはシステム上、現在、変更不可能な為、出勤になっておりますことお詫び申し上げます。

  • 2017/02/05

    【1回の注射で1年間フィラリア予防ができます】

    フィラリア予防は、注射でも可能です。

    経口薬による飲ませ忘れによる感染もなく、いつの時期からでも予防を開始できます。

    海外出10年以上の実績があり、当院でも数年前から取り入れております。

    但し、体重増加が見込まれる成長期の子は接種できません。

    また、高齢犬、病気療養中の子は接種できない場合もありますので、獣医師にご相談ください。

  • 2016/10/08

    年末年始 ペットホテル ご予約受付中

    1月7日までのご予約が可能です。

    例年、キャンセル待ちになる日もございますので、

    ご予定がお決まりになりましたら、お早目のご予約をおすすめいたします。

    最新空室状況やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    なお、ご予約は電話でも賜っております。

  • 2016/07/13

    ペットホテル 予約状況

    8/12-16まで、空き部屋 残りわずかとなっております。