総合医療施設

老齢期の病気

犬や猫は、7才を超えた頃から老齢期に入ります。大型犬は小型犬よりも少し早い5才過ぎた頃から始まります。
若い頃と比べて、想像もつかないような身体や心の変化が見られます。
人と比べて4倍の速さで年齢を重ねていく犬や猫の老化現象は、飼い主はびっくりするくらい日々の変化と感じることがあります。
その変化に飼い主はとまどい、不安になるでしょう。

老齢期の病気

痴呆

痴呆になりやすい犬種では、日本犬や日本犬系の雑種がなりやすい傾向にあります。
早くて7~8歳令、平均すると11歳頃から現れ始めると言われています。
夜鳴き、徘徊、飼い主の呼びかけに反応しない、昼夜逆転、食欲旺盛だが痩せる、トイレを失敗する、前には歩くが後ろに下がれない、狭いところや部屋の隅から脱出できない、円を描くように歩き続けるなどの症状が出ることがあります。

健康診断の重要性

健康診断の重要性

[わんちゃんドック ねこちゃんドック]

犬や猫は、体の異常を飼い主に上手く伝えることができません。さらに、年を重ねるほど人と同様に病気は多くなってきてしまいます。

  • 骨や関節:関節炎、変形性脊椎症、椎間板ヘルニアなど
  • 心臓や肺:僧帽弁閉鎖不全症、気管虚脱など
  • 消化器:膵炎、肝炎、胆泥症、胃拡張症候群、歯肉炎、口腔鼻腔瘻管など
  • 泌尿器:慢性腎不全、尿石症など
  • 生殖器:前立腺肥大、子宮蓄膿症、卵胞嚢腫など
  • ホルモン:糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能低下症など
  • その他癌疾患:癌はどの臓器にも発生し、症状が出るのは進行してからです

シニアになる7歳からは、1年に1回、10歳を超えたら半年に1回のわんにゃんドックをお勧めします。 わんにゃんドックのメリット:早期発見により、症状のまだ出ていない元気な状態から治療を行うことができます

介護ケア・ターミナルケア

介護施設
痴呆が進み吠え続けてしまうなど、ご自宅で飼うことが難しくなったペットを長期おあずかりする介護施設も用意しております。 飼い主様とペットの負担を軽減します。
介護グッズ
獣医師からみてよいと思う商品を、困ったときにすぐ使えるように取り揃えております。

■車椅子

専門の業者にオーダーメイド

■滑り止め・介護服・サポーター など

スタッフにより扱い方を説明させていただきます。

ケース紹介

老齢期の病気

[痴呆でこれまでに相談のあった事例]

  • 夜鳴きがひどくて家族が眠れない。
  • 昼夜問わずに鳴いて、何をしても鳴きやまず、ご近所から苦情がきた。
  • 留守中に何か事故が起こらないか心配で仕事に行けない。
  • そそうをするため、いつも体が汚れている、臭い。
  • 介助がないと食事をしてくれない。

など、どれも全てを一人で解決が難しいと思われます。動物を扱う専門スタッフの知識と、時にはお薬が必要となる場合もあるかもしれません。
一人で悩まずにお気軽にご相談ください。