設備紹介

医院紹介

外観

外観

猫耳のシルエットが特徴的な外観です。

駐車場

駐車場

第7駐車場まで約100台駐車可能です。

犬受付・待ち合い

犬受付・待ち合い

犬用と猫用に分かれておりますので、動物同士のトラブルを避けられます。

猫受付・待ち合い

猫受付・待ち合い

こちらは猫用の受付・待ち合いです。

オペ室

オペ室

手術を安全かつ確実に行うための装置を備えた部屋です。

設備紹介

MRIやCTなどの高度医療設備の紹介はこちら

レントゲン (Aero DR )

レントゲン (Aero DR )

レントゲン検査は骨の異常を調べるだけでなく、胸部や腹部の内臓およびその周辺の外観からは分からない病気の早期発見に大いに役立ちます。
当院ではフラットパネルを使用した最新のデジタルレントゲン撮影装置を導入しており、撮影された画像はすぐに診察室のモニターでも確認することができます。

エコー ( Preoris / ARIETTA 70 )

エコー ( Preoris / ARIETTA 70 )

超音波を用いて腹部臓器 ( 肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膀胱など ) や胸部 ( 心臓 ) の精密検査をします。超音波検査は麻酔を用いず、被爆もないため身体に影響が少ないというメリットがあります。
(※状況に応じて毛刈りをさせていただく場合がございます。)

検査機器類

検査機器類

最先端の検査機器 (自動血球計算、血液化学、凝固系、ホルモン濃度測定、尿検査、顕微鏡など ) を備え、飼い主様に精度の高い検査結果を迅速に提供します。検査機器は電子カルテと連動しており、過去のデータとの比較、分院とのデータ共有が容易となりました。
( DRI-CHEM 7000V、Celltac α、IDEXX ProCyte DX、IDEXX SNAP Shot DX、i-STAT、COAG 2 V )

ICU

ICU

ケージ内の酸素・温度・湿度を動物の状態に合わせて調整することができる装置です。またモニターがついており、パソコンで動物の様子を見ることができます。

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡

肉眼では捉えきれない微小な差異などを正確に見分け、精密かつ確実な施術を可能にします。

顕微鏡

顕微鏡

 

幹細胞分離器

幹細胞分離器

動物の脂肪から様々な組織に適応できる幹細胞を分離し動物に投与することで、損傷を受けた臓器の回復や免疫異常の調節を行い、正常状態に近づけることで症状を緩和します。

血管透析器

血管透析器

ヒトの慢性腎臓病でも使用されている血液透析機です。動物では主に死亡率の高い急性腎障害という病気に用い、血液中の尿毒症性物質や炎症を引き起こす物質を効率的に除去することが可能です。

電子カルテ

電子カルテ

電子カルテを用いることにより、患者様のデータ管理、閲覧がスムーズになりました。また、本院と八事分院のカルテも共有しています。